シャツの黄ばみ

Tシャツやワイシャツが黄ばんでしまうのです。

毎回染み抜きクリーニングでは大変です。

汗っかきの方、とくに脇汗がすごかったり、
「 わきが体質 」 を持っている方の場合、

白いシャツが黄ばみが出来てしまうことでしょう。

それも半年、一年と着たシャツが黄ばむならまだしも、
ほんの数回着用しただけで黄ばみが出来てしまうのですから困ったものです。

場合によっては下着を通り越して、
白いワイシャツまで脇の部分が黄ばんでしまうことでしょう。

仕事で着ているYシャツならば、
クリーニングに出すことも出来るでしょうが、

毎回下着も出すわけにもいきませんし、
できれば家庭で黄ばみを落としたいところです。

ということで実際にわたしがやっている
「 シャツの黄ばみを落とす方法 」 をご紹介します。

ワキ汗対策 男性用 汗ワキパッド(白・黒)ワキ汗対策 男性用 汗ワキパッド(白・黒)

家庭での黄ばみの落とし方

ワイドハイター 白いシャツが黄ばんでしまって困っているかもしれませんが、
この黄ばみは 「 ひと手間 」 加えることで落とせます。

ちょっと面倒ですが、
自分で黄ばみを取りたい方は試してみてください。

準備するものは以下のとおりです。

< 用意するもの >

手順は以下のとおりです。

【1】まずはゴム手袋を着用しましょう。
次にバケツを用意して40℃くらいのお湯を入れます。

【2】そこに普段使っている洗剤をいれて、
よくかき混ぜます。

【3】この洗剤が溶けたお湯の中で、
シャツの黄ばんでしまった部分を優しく揉み洗いします。

お湯で洗うのがポイントです。
数分間もみ洗いするだけで黄ばみは大分落ちます。

【4】ここでさらに 「 ワイドハイター 」 などの酸素系漂白剤を加えて、
それをよく溶かしましょう。

【5】この洗剤と漂白剤の溶けたお湯に、
時間にして30分~2時間ほど漬け込こみます。

【6】そのあと洗濯機の中にいれて、
いつもどおりに洗うと、大抵のシャツの黄ばみは落ちるはずです。

面倒ですが、
「 お湯で揉み洗い。 」 というひと手間を加えることで、

家庭でもシャツの黄ばみを落とすことができます。

シャツが黄ばまないようにする方法

「 根本的に 」 シャツに黄ばみが出来ないようにするには、
もっと深い対策が必要になります。

ご自身でも気づいているかも知れませんが、
シャツが黄ばむような汗というのは大抵、

強い緊張、ストレスを感じているときの汗です。

運動したときに出るような、
「 さらさらの汗 」 でシャツが黄ばむことはありません。

ですからそのようなメンタルな部分のコントロール。
というのがひとつの対策になります。

もうひとつは 「 体質 」 です。
シャツに黄ばみができる汗は、アポクリン汗腺というところから出ています。

わきが手術などでは、
このアポクリン汗腺をとってしまうわけですが、

手術まで行かなくても、
「 アポクリン汗腺から出る汗を、黄ばみを作らないような汗に変える。 」

そういう体質に身体を変えていく。
これも根本的な対策です。

詳しくは、わきが対策の詳細をご覧ください>>

ヨーロッパで開発された医療制汗剤

パースピレックス(Perspirex)を塗ると、汗と反応して制汗物質を生成。汗腺深部に角栓を作ってフタをすることで物理的に発汗を抑制する制汗剤です。(※新しいタイプの制汗剤で、特許処方によって長時間効果が持続します。)

日本では販売されていないのですが、以下のサイトから個人輸入で購入することができます。商品名が「デトランスα」となっていますが、同一の商品です。⇒ デトランスα

カラダに優しい多汗症の治療法

多汗症治療 サラサラの肌に、乾いている脇の下…
もう手のひらだって濡れてない…

そんな当たり前でリラックスした生活を取り戻したい。

安全かつ体に優しい方法で、根本から多汗症を治療できます。

これからの多汗症治療はこちら>>